佐藤桂菜・進藤実優コンサートを開催いたします。

大府で育った若き演奏家が共演

佐藤桂菜・進藤実優コンサートを開催

愛三文化会館では、新型コロナウイルスの影響で自粛していたコンサートの再開第一弾として、市出身で現在海外留学中のチェリスト・佐藤桂菜さんとピアニスト・進藤実優さんのコンサートを開催します。

このコンサートは、来年7月に予定している市制50周年Plus1記念特別公演「竹澤恭子コンサート」のプレ企画として開催するものです。新型コロナウイルス感染症対策として、来場者にマスクの着用、消毒の徹底を要請するほか、ソーシャルディスタンスの確保のため、座席の間隔を空けて開催します。

定員 211名

日時 2020年8月23日(日) 開場13:30 開演14:00

場所 もちのきホール

料金 全自由席(前売りのみ) 一般2、000円 学生1、000円(当日学生証の提示が必要です)

※未就学児入場不可 ※当日券の販売はございません

8月2日から愛三文化会館、8月3日(月)より大府市役所2階文化振興課にてチケット発売開始

8月2日10時よりメール予約を受け付けます

【メールでの予約方法】
チケット枚数と当日来場者のお名前、電話番号、お住まいの市町村名を下記メールアドレスまで送信ください。
予約用メールアドレス:sato.shindo.yoyaku@gmail.com
※メールでのご予約は一人2枚まで

佐藤桂菜・進藤実優コンサートPR動画を配信中! こちらからご覧ください↓

 

佐藤桂菜

2000年生まれ。現在ニューヨークのジュリアード音楽院2年生。3歳より才能教育研究会にてチェロを始める。2013年~2016年NHK名古屋青少年交響楽団に在籍。2016年中学卒業後単身渡米、ボストンの高校Walnut Hill School for the Artsに入学。同年ボストンのNew England Conservatory Preparatory School にダブルスクールで学ぶ。2018年「Tan Family Foundation」奨学生となる。2015年第25回日本クラシックコンクール中学生チェロの部全国1位、他多数受賞。2016年NHK名古屋ニューイヤーコンサートに出演、名フィルと共演、総合テレビで放送。2016年しらかわホールにてエルガーチェロ協奏曲をオーケストラと共演。2018年NECコンクールにて優勝ドボルザークの協奏曲をオーケストラと共演。2019年NHKラジオ「リサイタルノヴァ」に出演。2019年小澤征爾国際室内楽アカデミー奥志賀に選抜され参加、紀尾井ホールで同演奏会に小澤征爾氏と共演。これまでに故久保田顕、廣岡直城、林良一、花崎薫、中木健二、Emmanuel Feldman、現在David Finckel、Clara Kimの各氏に師事。

 

進藤実優

2002年生まれ。現在 モスクワ音楽院付属中央音楽学校10年生、ヴァレリー・ピアセツキー氏(中央音楽学校校長)に師事、また杉浦日出夫 二宮裕子 関本昌平の各氏にも指導を受ける。全日本学生音楽コンクール全国大会 小学校の部 第1位、 中学校の部 第2位 (3年連続聴衆賞受賞) 大阪国際音楽コンクール 総合第1位 ジーナバッカウア国際ジュニアピアノコンクール(アメリカ) 第3位 浜松国際ピアノアカデミーコンクール 第1位 中村紘子賞 北京青少年ショパン国際ピアノコンクール(中国)  シニア部門 第3位 ショパンコンクールin Asia 第5回派遣コンクールで特別推薦者に選ばれる (第18回 ショパン国際ピアノコンクール 予備審査出場予定) これまでに国内各地の他、海外ではアメリカ(カーネギーホール)、モスクワ、ウィーン、イタリア、中国にて演奏、また 名フィル、北京中央音楽学院交響楽団などのオーケストラと共演。校内オーディションで選ばれ、モスクワ音楽院大ホールにて2度演奏し、CD録音もする。